第7回調理実習レポート

第7回調理実習レポート スペンサーの食卓

 

11月最後の土曜日、翻訳ミステリーお料理の会は第7回の調理実習を行いました。今回は

参加してくださった方からのレポートです。

 

(執筆者:よしだ熊猫)

スペンサー・シリーズを読んでいると何やらお腹の虫が騒ぎ出すのは私だけではないと思います。

スペンサーの手から生み出される「アメリカの日常の食事」。なんとも美味しそうですね。

世話人の皆様が「いつかはチャレンジしてみたい」と仰っていたそのレシピが、

いよいよ翻訳ミステリーお料理の会のまな板の上に乗せられる日がやってきました。

 

 

        ①    今回はこんな材料を使います✨

この日は粉類はあらかじめ用意されていたこともあって、参加者のみなさんの作業もスムーズ。

中にはこの後に作るパスタ用の野菜を切り始める班もちらほら…。

そんな訳でオーブンから良い香りが立ち上がってくる頃には、パスタ作りの準備もすっかり整いました。

加賀山さん、実はお料理男子なんだとか。

どうりでエプロン姿がさまになります!✨

今回の講師は翻訳者の芹澤恵さん。

軽妙なおしゃべりを混ぜつつ、手順を教えてくれます。

 

まずはコールド・アスパラガスから。

アスパラガスを好みの柔らかさに茹でて、

ベビーリーフとトマトをあしらったお皿の上に並べます。

その一方で3種類のハーブを刻んでマヨネーズに混ぜてソース作り。

共同作業なのでサラダとソースが同時に出来上がっていきます。

ハーブは何でもあるものでとのことなので、いろいろな

組み合わせを試して自分の好みを見つけるのも楽しそうです。

出来上がったサラダとソースはひとまず冷蔵庫へお引越し。

試食まで暫しのお別れです。

 

続いてはホットビスケット

講師は芹澤さんから、イラストレーターでありながらパン教室も

開いているという粉物名人・宮崎裕子さんに交代です。

バターを切って、空気を含ませた粉に混ぜ、

そこに生クリームを投入して生地をまとめます。

ささっと成形したら、予熱していたオーブンへin

とっても簡単なこのレシピ。

いちばん大変なのは最初に分量の粉を図ることじゃないかしら。

この日は粉類はあらかじめ用意されていたこともあって、

参加者のみなさんの作業もスムーズ。

中にはこの後に作るパスタ用の野菜を切り始める班もちらほら…。

そんな訳でオーブンから良い香りが立ち上がってくる頃には、

パスタ作りの準備もすっかり整いました。

 

 

ホットビスケット、焼きあがりました。    

パスタ作りの講師は芹澤さん。

松の実とパン粉をオリーブオイルで炒める一方で、

先ほどアスパラガスを茹でたお湯を利用してパスタと野菜を茹でます。

パスタは全粒粉で作られたもの。ここがスペンダーのこだわりなんだとか。

パスタにパン粉を加えるレシピは、昔シチリアの貧しい人々がチーズの

代用品としてパン粉を使ったことに由来するそうです(芹澤さん談)

そういえばネロ・ウルフにもパン粉をパスタに混ぜるレシピがありますが、

アメリカでは割と一般的なのかしら。

茹で上がったパスタと野菜、パン粉をソースに絡めて完成です。

 

いつもより品数が多いので時間が足りなくなるのではと心配したのですが、

講師の方々の説明が分かりやすい上に参加者のみなさんの手際が本当に良くて、

あっという間に3品がテーブルに並びました。

 

 

      ①    シンプルな調理法ばかりなのに、このボリューム!

いよいよお楽しみの試食です✨

サラダ、パスタ、ホットビスケット。

どれから食べるかはみなさんそれぞれでしたが、

同じように「美味しい!」という声が上がります。

 

サラダに添えたマヨネーズのハーブのフレッシュな香り。

パン粉が生み出すパスタの食感の面白さ。💕

ホットビスケットのリッチな味わい。♫

 

うーん。スペンサー侮りがたし。

 

こんなお料理を手早く楽しんで作ってくれるパートナーがいたら、

スーザンが頼ってしまいたくなるのも分かるってものです。

 

加賀山さんも「簡単に作れるのに美味しい!」とご満足の様子。

いままでスペンサーの料理を作ってみたことはなかったそうですが、

またご自宅で作ろうかななんて仰ってましたよ。

 

その加賀山さんの解説によると、スペンサー・シリーズは

ラノベに近いミステリーとのこと。

会話が多く、事件もそれ程込み入ったものではなく、

キャラクターの魅力を前面に押し出しているというのがその理由。

なので翻訳ミステリーを読み慣れていない人にお勧めしやすいのではないかと。

 

実はこの日、もうひと方ロバート・B・パーカーの作品を訳されている

翻訳者の光野多恵子さんもご参加されていて、加賀山さんとご一緒に

パーカーの魅力をたっぷり話して下さいました。

 

そうそう。

さすがに今回のお料理はボリュームがありすぎて

(だってパスタの具がかぼちゃとズッキーニですよ。

スペンサーどれだけかぼちゃ好きなの)

ホットビスケットを食べきれず持ち帰りにした参加者もおりました。

 

実は私もその1人。持ち帰った物を翌朝焼き戻して頂きましたが、

サクサクで美味しかったことをお知らせしておきます。

 

毎回、美味しいレシピと楽しい話題を提供してくださる

お料理の会の世話人のみなさま、今回もごちそうさまでした!

 

2016/6//25

第6回調理実習レポート 

 

エスニックな昼下がり

 

💧蒸し暑い日本の夏を先取りしたような、6月終盤の土曜日、

翻訳ミステリーお料理の会は第6回の調理実習を行いました。

 

今回は、オヴィディア・ユウのアジアン・カフェ事件簿シリーズから、

ココナツミルク🍼で炊き込んだごはん、ナシレマッとおかず数品、

デザートにお芋を使ったエスニック風のお汁粉をこしらえました。

 

講師は同シリーズの訳者でお菓子名人でもある森嶋マリさん。

 

まずは今回の主役であるナシレマッから。

といっても、ジャスミンライスにパンダン・リーフ🍃なる香草とショウガと

ココナツミルクを加えて分量まで水を入れ、あとは炊飯器にお任せ、というお手軽スタイル。

 

おかずにはナスのサンバル・ソース添え、ピーナツの揚げたの、イカン・ビリス🐠という

煮干しの揚げたの、添えもののゆで卵ときゅうりの薄切りを用意します。

 

そこに森嶋さん特製のエスニック風ピクルス、アチャーも加えて、

エスニック・カフェ風✨に一皿に盛り込むという趣向。

 

いずれも聞いただけでは、なんだか難しそうですが、調理法はいたって✨シンプル✨

揚げるだけ、炒めるだけ、茹でるだけ、あえるだけ 

サンバルは東南アジアの食卓にはよく登場する、唐辛子をたっぷり使った辛いソースで、

本格的にこしらえる場合は石臼に石のすりこぎを使ってごりごりすりおろしていきますが、

今回はちょっとはしょって瓶詰の市販品を使いました。

 

同時進行で、ボボチャチャをこしらえます。

タピオカを茹で、サツマイモを茹で、ココナツミルクと

グラメラというココナツ原料の砂糖と香草を加えて即席のお汁粉に💖

 

こちらもタピオカが半透明になってお芋が茹れば、あとはあっという間に完成です。

もしかして、翻訳ミステリーお料理の会の調理実習史上(ってまだ、たったの6回目ですけど)、

完成までの所要時間は最短記録を更新かも。ということで、あっという間に試食タイムとなりました。

 

 

今回のスペシャル割引は、作品の舞台にちなんで「シンガポールに住んでいたことのある方」

試食をしながら、現地で撮影していらした写真を見せていただき、いろいろお話をうかがいます。

 

そうそう、訳者の森嶋さんも取材を兼ねて一週間ほど滞在していらしたそうで、

シリーズ二作めに登場するブア・クルアを使ったお料理も試食してきたとのこと。

そのお話も聞かせていただきました。

 

ご存じのようにシンガポールは他民族国家。主にマレー系、中華系、インド系、

アラブ系の人たちに近隣のアジア諸国から働きに来ている人たちも加わり、

日常生活に使われていることばはもちろん、お料理も生活様式も建物も着るものも

それぞれ独自の彩り豊かな文化を展開しています。

 

そんなお話から「今回のナシレマッは、マレー系のお料理だけれど、

アチャーはインド料理でも出てくるし、サンバルはインドネシアでも使われるし、

いろいろな国のお料理がバランスよく盛り込まれていて、シンガポールの象徴のような

一品だと思う」という感想も。まさにそうかもしれません。♪(´ε` )

 

そうした彩り豊かな街を舞台にしたこのシリーズの最大の魅力は、

主人公のアンティ・リーのキャラクターと彼女のこしらえるプラナカン料理にまつわる

あれこれですが、もうひとつ、多民族国家ならではの社会問題がさりげなく作品のモチーフとして

取り上げられているところも。この夏休み、忙しくて旅行なんて行っていられない、という方、

このシリーズで”書斎の旅人”と洒落込むのもいいかもしれません。

 

ところで、調理実習名物の「余った素材でもう一品」。はい、今回も出ました。

 

今回サツマイモは茹で時間を短縮するために皮を剥いて使いました。

その皮を丁寧に剥いて取っておき、揚げ油で素揚げにし、グラメラと

ピーナツのみじん切りであめがらめにする✨、というもの。

今回は「たぶん、お芋の皮の素揚げぐらいは出てくるんじゃないかな~」

と予想していましたが、それのうえを行く手の込みよう。(O_O)

スタッフ一同、そして参加者のみなさんも感心しきりでした。

 

今回はお肉っ気ゼロのメニューでしたが、揚げ煮干しと豆の香ばしさ、

サンバルの辛さも手伝ってスプーンが止まらなくなり、デザートのお汁粉まで完食すると、

あれっと思うほど満腹に。✨満足しつつ、手際よく後片付けをすませて解散となりました。

 

 

というわけで、おかげさまを持ちまして、第6回調理実習も、無事に打ち上げることができました。

食材を準備するのに季節を無視できず、なかなか定期開催とはまいりませんが、

これからも細々と、おいしくておもしろいものをこしらえていきたいと思っています。

 

 

引き続きみなさまからのリクエストを募集しています。

「あの作品に出てきた、こんなお料理をこしらえてみたい」というご希望がありましたら、

mys.cooking@gmail.com までお寄せください。

 

 

翻訳ミステリーお料理の会、世話人一同

 

 

 

    今回のレシピ・カードは「プラナカン・ハウス」。

在住者の方に、現地で撮影していらした写真を見せて

いただきましたが、実物もカラフルでかわいらしい

外観をしています。

ご興味のある方は→http://singapore.navi.com/special/5034153

    今回はこんな食材を使いました。

    アンティ・マリこと森嶋さん特製のアチャー。

複雑で奥深い味にごはんがすすみます。

    お椀を使ってナシレマッをこんもり。

まわりにおかずを盛りつけます。

    デザートのお汁粉も添えて。グラメラの優しい甘さが夏向き!

調理実習こぼれ話

マカロニ&チーズとみかんドレッシングのサラダ編

2015/11/7

おなかをぺこぺこに減らして望んだ

第5回翻訳ミステリー調理実習はメニューもボリューム満点♡

 

今回のメインマカロニ&チーズ✨は 

 

アメリカではポピュラーなお料理なんだそう。

インスタントの箱に入ったものもよく売られているらしい。

 

でもでも💦 せっかくなら

インスタントではないものを作りましょう!

 

と、いうことで迎えた当日☀️

 

 

なるほど本格的なホワイトソースにはとびきり美味しいチーズ2種類!が

これでもか💢というほどたっぷり入って...

 

部屋中に漂うのはバターとチーズのこんがり焼けるいい匂い✨

 

絶対 大人も子供も大好きに違いない!☺️

と、気づけば期待に満ちた眼でオーブンの前にしゃがみこみ、

おしゃべりしながら、かわゆく焼き上がりを待つ参加者のみなさん。

なんとも微笑ましい光景❤️♥️❤️

 

さらに、付け合わせの人参サラダは

輪切りにした人参を使う、日本ではあまり見た事のないサラダ❤️

 

これには特製のみかんドレッシングが使われているのです。🍊

 

今回はちょっと贅沢に生のみかんを用意して使いました。

作品の中でもみかんにこだわって作られているようです。

 

みかん果汁にちょっぴりレモンも加えて作るこのレシピ、

それはそれは爽やかな風味のドレッシングが出来上がりました。

あとは蒸し上がった人参をドレッシングに漬け込んで冷やしておくだけ✨

ふだんのおかずに作り置きしても重宝しそうです。

 

試食会のときには、参加者の方から「なぜ、みかんなのか?

オレンジでも良いのでは?」という質問も飛び出し

ひとしきりその話題で盛り上がりました。が、そこには衝撃?!のオチが....(笑)
なな、なんと原作では。。。
(是非原作もごらんになってみてくださいね(^o^)♫)

 

そして皆の眼を釘付けにしたのはテーブルの上に鎮座していた謎のうさぎ?さん...

 

彼?彼女?はいったい...

 

 

実は、この可愛いキャラクターの名前は「くらり」。東京創元社の宣伝部員として活躍中なんです💕

ミステリーが似合う黒猫なのですが本人はうさぎのつもり?....らしい。

うさ耳帽子もよく似合うし、写真のリクエストにも気さくに答える人気者(^^)

また是非お料理の会に来ていただきたいなぁと思いました♪

 

詳しくは東京創元社の専用ページをご覧ください(^^)→くらり氏の謎


0 コメント